うつ病の種類や接し方を知ろう|社会全体で患者を減らす取り組み

うつ病を治すには周囲の力も必要です うつ病患者への接し方
ハート

うつ病になりやすい人

同じような環境にいてもうつ病になりやすい人とそうではない人がいます。その差は一体何なのでしょうか。一般的には真面目な人や完璧主義者はうつ病になりやすいといわれています。そういった人たちについての接し方を考えてあげましょう。

View Detail

悩む人

先天的な気質について

うつ病を発症してしまいやすい先天的な気質を持っている人がいます。うつ病に関して先天的な要因まで考えて、それをフォローするような接し方をしてあげることが大事なのです。

View Detail

相談

うつ病の基本的な治療

自分や周りの人がうつ病を発症してしまったときのことを想定して、うつ病の基本的な治療について知りましょう。基本は休養と薬ですが、家族の接し方もとても大切になってきます。

View Detail

うつ病の種類とその特徴

男性

うつ病にはどのような種類があるのでしょうか。うつ病と一口にいっても種類や症状がそれぞれことなります。それに伴って接し方も少しずつ変わってくるのです。どんなうつ病があるのか、見ていきましょう。
まずは仮面うつ病というものです。仮面うつ病とは精神的なきつさに自分で気づかずに、心より体に先に症状が現れてしまううつのことです。体の症状を治療しようとして病院に通っても、根本的には精神的なストレスが原因ですので治りません。体に出る症状には、口の渇き、頭痛、動悸、消化器系の不調など多岐にわたります。もし、体に何らかの症状が出ているが、内科などに通っても原因が分からず治らないのであれば、仮面うつ病を疑ってみましょう。退行期うつ病というものもあります。退行期うつ病とは65歳前後の年配の方がかかるうつ病です。年を取ったことで運動機能が衰えてしまい、今までは自分でできたことが少しずつできなくなり、周囲の接し方も含めてそれをストレスに感じてしまうものです。肉体的な衰えは誰しもが経験する自然なものですが、老齢期うつ病の初期ではそれが大きなストレスとなり、体にいろいろな症状が出たり、気分が大きく沈み込んでしまったりといったうつの症状がでてしまうのです。こういった状態になるのを防ぐためには、日頃から同年代の友達と会話をすることが大切です。お互いの状態を確認し合うことで、自分だけではないと気づけるのです。自分がまだ高齢期に差し掛かっていないという人も、身内や友達にそれくらいの年齢の人がいれば、ときどき顔を見に行くなど配慮してあげましょう。微笑みうつ病というものもあります。微笑みうつ病とは、みんなといるときは笑顔なのですが、一人になると急に気分が沈んでしまうというものです。一人で落ち込むという状態が2週間以上続いてしまう人は、一度適切な医療機関で診察を受けましょう。

ドクター

うつ病を再発させない

うつ病が治ったあとに、また症状がぶり返して再発してしまうというケースが非常に多いです。うつ病の再発を防ぐために、カウンセラーは患者へ物事の接し方について患者に説明します。

View Detail

女性

うつに似た病気

うつ病と間違われやすい病気があります。不安障害やパニック障害、強迫性障害などです。それぞれの病状を知り、身近に患者がいた場合どのような接し方をすればいいのか考えてみましょう。

View Detail