うつ病の種類や接し方を知ろう|社会全体で患者を減らす取り組み

メンズ

うつ病の基本的な治療

相談

うつ病の疑いがある、うつ病になってしまった。自分や周りの人がそのような状態になってしまったときのために、うつ病の基本的な治療について知っておきましょう。そのような場合、どのような接し方が好ましいかということも一緒に説明していきたいと思います。まず、根本的な治療として、休養が挙げられます。うつ病を発症した際には、精神的なストレスや身体的なストレスをいったんリセットする意味で、十分な休養を取ることが大事です。真面目な性格の人は休むことに抵抗を感じてしまうかもしれないですが、休養をしっかり取らなければ次に繋がりません。そして、もしも家族にうつ病の人が出てしまったときは、十分に休めるような接し方を考えてあげましょう。休養時の接し方で回復までの時間が大きく変わってきます。家族の接し方については、医療機関での説明をしっかり聞いておきましょう。また、仕事をしている人でも休まなければならないことがあります。自分が仕事を抜けると会社や同僚に迷惑がかかると考えるかもしれませんが、頑張りすぎて症状が悪化してしまうと治るまでにさらに時間がかかるので、結果的に休まなければならない期間が長くなってしまいます。そういったことも考慮して、早めに休養を決断することが大事なのです。
うつ病について効果的治療として、抗うつ剤を使用するというものがあります。現在のうつ病治療で大きな支柱となるのが、休養と抗うつ剤です。抗うつ剤は脳の神経伝達物質の働きを正常に戻してくれる効果がありますので、正しく飲めばかならず効果を発揮します。薬に関しては勝手に飲むのを止めてしまうという人もいますが、自己判断で飲むのを止めると症状がぶり返してしまうことがありますので、量を減らすという判断は担当医とよく相談してから決めてください。